歌舞伎町で忘新年会するなら老舗の鍋! 歴史あるユニーク鍋3選

文_金城和子
2019.12.20

輝くネオンのもと、老若男女が集まる歌舞伎町。寒さが増す忘新年会シーズンになると、この街はいっそう賑わいをみせる。

一歩入れば多くの飲食店がひしめくが、実はこの界隈、鍋が名物の老舗店が多いのをご存知だろうか? オンマが作る本格韓国鍋や黒毛和牛ホルモンを使ったもつ鍋までジャンルも多彩、少人数〜数十名規模と、店のキャパシティもさまざまだ。

紹介するのはあったかおいしい、ちょっと気のきいた3店鋪。一つの鍋を囲んでじっくり話す、それが絶品ともなればいっそう、仲間との会話も弾むに違いない。

家庭味の韓国料理店「オンマの新洞」の「番長鍋」って?

この街で営業を初めてから30年以上になる、韓国家庭料理店「オンマの新洞(しんどん)」。平日と土曜日は翌4:00まで本場の味が楽しめるとあって、近くで働く人や二次会の場としても重宝されている。

牛骨のスープをベースにした「番長鍋【赤】」(4000円、約2〜3人前)。白菜やシイタケ、豆腐、春雨、ウインナー、魚肉ソーセージ、豚肉、ホルモン、トッポギなどさまざまな具材が。それぞれ単品の追加トッピングもある

スポーツ選手を中心に著名人が通うことでも知られるが、名物の「番長鍋」は、常連の一人である“番長”こと、元プロ野球選手の清原和博氏が名付け親。豚肉や野菜、魚肉ソーセージなどを辛く煮込んだ具沢山の鍋で、誕生してからはや10年、瞬く間に店の名物となった。

店を切り盛りする“オンマ”こと趙さん。祖母と母は、歌舞伎町で焼肉店を営んでいたそうだ

「もともとホルモン鍋やスンドゥブはありましたが、番長の『魚肉ソーセージを入れたらおいしいんじゃないか?』 という提案から、この形になりました。参鶏湯(サムゲタン)と悩む人も多いですが、番長鍋は特にリピーターが多いですね」とオンマ。

ピリ辛のスープが染みた肉野菜をはじめ、魚肉ソーセージの軽い食感がなんとも個性的。「ちなみに隠し味は焼肉のタレ。これも手作りなんだよ」(オンマ)

味の要は手作りのコチュジャンと、韓国料理に欠かせない万能調味料・タデギ。タデギはニンニクやショウガ、数種の野菜と白みそで作ったもの。「タデギは家庭によって味が違うから、それで家の味が決まります」とオンマは話す。旨味あふれるスープは、一度食べたらやみつきになるのも納得の味だ。

最後の一滴まで味わうべく、具材が少なくなったら「韓国式乾麺」(500円)でシメるのが定番。溶き入れたタマゴが浮いてきたら、火を止めるタイミングだ

鍋のほかにも、自家製の「白菜キムチ」(500円)や「ケジャン」(2000円)など、一品料理もいろいろ。ここだけにしかない“おふくろの味”は、一次会だけでなく「もう一杯飲みたいな」というときにも覚えておきたい。

オンマの新洞

住所:東京都新宿区歌舞伎町2-9-3 三経59ビル2階
電話番号:03-3207-5502
営業時間:月〜土、祝前日18:00〜翌4:00(料理L.O.翌3:00、ドリンクL.O.3:30)、日・祝18:00〜翌0:00(料理、ドリンクL.O. 23:30)
定休日:なし
https://shindon.owst.jp

薬膳×白湯!「青葉」の二色鍋

台湾料理店「青葉」は、創業50年を越える歌舞伎町屈指の老舗。名物「しじみのニンニクしょうゆ漬け」をはじめ、前菜から肉野菜、麺料理など約250種にのぼる品数も魅力だ。2008年に閉館したコマ劇場があったころは、劇場に出演していた歌手らの打ち上げ会場としても人気だったそう。

「薬膳入り激辛と白湯の二色鍋」(5250円、約2人前)。鶏や豚のガラをベースにした鍋は、激辛の薬膳鍋と優しい味わいの白湯と、2種の味が楽しめる。薬膳鍋はバターと一緒に薬膳を炒めることで香りが出る

オーナーシェフの李克順(り かつじゅん)さんいわく、「テーマは医食同源。毎日食べてほしいから肉野菜に薬膳料理と、栄養バランスの取れた台湾料理をそろえています。『薬膳入り激辛と白湯の二色鍋』は開店当時から出している歴史あるお鍋です」とのこと。

オーナーシェフの李克順さん。「日本の方の口にも合うように、味付けは味が濃い南台湾と薄い北側の中間くらい。薬膳や一部の野菜は台湾から仕入れています。現地の素材だからこそ出せる味があるんですよ」と李さん

鍋が煮立ってきたら、薬膳と魚貝のいい匂いが。ピリッとした薬膳鍋のスープを一口すすると、ハッカクやサンショウなど約6種の薬膳が鼻を抜ける。対する白湯は、素材の味を引き立てるシンプルなスープだ。

牛&豚肉、野菜のほか、カニやホタテ、牡蠣、イカ、エビなどの魚貝がたっぷり。台湾で定番の、魚のすり身を丸めた魚丸(ユーワン)も

具材は野菜、肉、魚貝の順で入れ、魚介類は素材の味がいきる白湯がおすすめだ。「そのままそれぞれのダシで食べるのがおいしいけれど、要望があればタレも作ってお出しします」と李さん。

店内は、創業した約50年前に台湾で多く見られたレンガ造り。「レンガは現地から持って来たもの。昔ながらの台湾のお店はこんな感じでしたね」と李さん

約120席を構える店の規模とは裏腹な、アットホームなサービスもこちらの魅力。「辛さも調整しますし、『こんな料理が食べたい!』というご希望があれば、メニューに無いものでもお作りします」(李さん)。そんなサービスと多彩なメニューは、大人数が集まってもみんなの心とお腹を満たしてくれるはず。

青葉

住所:東京都新宿区歌舞伎町1-12-6
電話番号:03-3200-5585
営業時間:月〜金・祝前日12:00〜翌2:00、土11:30〜翌2:00、日・祝11:30〜23:00
定休日:なし

約40年続く牛ホルモン鍋「みつる」

新鮮な黒毛和牛ホルモンの「牛ホルモン鍋」で知られる「みつる」。口コミで評判が広まった同店を営むのは、店主の安田友和さんと初代のお父さま。38年目を迎えた今年の冬も、開店早々賑わっていた。初代はもともと割烹の料理人で、鍋のスープにもそんな経験をいかした工夫が込められている。

「牛ホルモン鍋(醤油)」(一人前1850円、注文は二人前から)。基本の具材はホルモン140グラムと野菜、ニンニク。ホルモンは、噛み締めるほどに脂のおいしさがじわり

唯一無二の醤油スープは昆布やシイタケ、鰹節で摂った和風のダシに醤油やコショウなどのスパイスを加え、奥行きある味わいに仕上げたもの。大振りにカットされたホルモンや野菜も印象的だ。

ぷりぷりのホルモンや野菜の甘みが和のスープに重なる。上品な香りのスープは、ふとまた食べたくなるほっとするおいしさ。ぐっと醤油のパンチを感じるが、ふんわり和ダシの風味があとを引く

基本の具材でも十分な量だが、トッピング用のホルモンが充実しているのもここならではだ。牛ハチノスをはじめ牛センマイ、牛フワなど5種類がそろい、なかでもおすすめは牛ハチノスと牛スジ。「重くならないように、脂がのったホルモンはできるだけ脂を削いでいるんですよ。いろいろ足していただいても、あっさり食べていただけると思います」と店主の安田さんは話す。

基本のセットにはホルモンとキャベツやニラ、エリンギ、ニンニクなどの野菜が入っている。ダシつゆが沸騰してきたら、表面にかけながら具材を平にしよう

スープは醤油のほか、白みそと赤みそをブレンドした味噌味も。双方持ち帰りもできるので、家での集まりにもおすすめしたい。そしてお店で食べる際は、その日の一品料理が書かかれた黒板メニューも忘れずにチェックを。

店主の安田さん(右)と、初代のお父さま(左)。開けた厨房から見える2人の息のあった姿にもほっこりする

シメには雑炊やチャンポン玉、うどん玉も用意。どこかせわしない年末年始、優しい和のホルモン鍋がほっと気持ちをほぐしてくれるはず。

元祖 牛ホルモン鍋 みつる

住所:東京都新宿区歌舞伎町2-30-13
電話番号:03-3208-8868
営業時間:平日18:00〜翌1:00(LO0:30)、土17:00〜23:30(LO23:00)
定休日:日、祝日

歌舞伎町で忘新年会するなら老舗の鍋! 歴史あるユニーク鍋3選

text:金城和子
photo:阪本勇

この記事をシェア

OTHER ARTICLE他の記事